お茶の一煎目の美味しい入れ方。 | あしたか山麓で育ったお茶 愛昌園茶舗 自家栽培自製販売

お茶の一煎目の美味しい入れ方。 

.まず心を落ち着かせます。

美味しくいただくための、最も重要な工程です

2.お湯は沸騰したものを使い、お湯を人数分先に湯飲みに注ぎます。

これにより、適量のお湯を入れることができるだけではなく、お湯を冷まし(この時に10度程冷めます。)更に湯呑みを温めることができます。

3.急須に1人3g、3人で8~10g(大さじ2杯半)の茶葉を入れます。

4.湯呑みの温度が80度ほどにさめたらお湯を急須に注ぎ、30秒ほど待ちます。

急須の蓋に付いている穴を注ぎ口の方向に向けて閉じると、急須の中の対流がよくなり良いお茶になります。

良い急須では蓋と急須の模様・柄を合わせた時に穴がこの位置に来るようになっているんです。

5. 30秒程して茶葉がわずかに開き始めたら、注ぎ分けてください。

最後の一滴まで絞り出すように少しづつ均等に注ぎ分けてください。



本来のお茶の味を、ゆっくりとお楽しみください。